もう少し軟らかく

愛用フィルム,Arista EDU Ultra (実はFomaPan) で屋外撮影したものもチバに適合させるために軟調化。
チバの場合,ここまでの実績では,再現できるネガの濃度は高々0.8まで。と言うことはγ=0.27程度となるが,そこまでとなるとPOTAの類が必要か。
まずはR09 (Rodinal)で試行錯誤(まだ途中)。
↓センシトメトリー結果

AristaEDU_Ultra.sensitometry