量子コンピュータで

量子コンピュータが実現しつつあるという驚きの話を聞いたょ。
ウィリアム・パウンドストーンが書いた<過去に撮られ、そして未来に撮られるであろう全ての写真画像を取り揃えているデーモンの話>が,実現する日がだんだん近づいているのかも。

たしか俺のインチキ計算では,10×10ピクセル程度の白黒2値の画像だったら,少し前の最速スーパーコンピュータ「京」を使って,人の一生をかけてプロットし続ければ,全ての画像を生成することが出来るというものだった。
しかし,10×10と言えばfaviconレベル。そんな豆粒画像では,全くお話にならないのは言うまでもない。

それが,量子コンピュータなら実用になるレベルの大きな画像で,過去の全ての写真と,未来に撮られるであろうあらゆる写真が生成できる可能性があるんじゃないのかと言うことだ。

あと,100年くらいすると,絵柄を作るために写真を撮ることが理論的にはムダな行為となる日が来るのかもしれない。そうなれば、ますます職人技のプリント技術が大事になるということか。なんだかおもしろい未来だねぇ。